闇の宝くじを描いた自主制作映画がベトナムで大ヒット!「走れロム」を徹底解説!

宝くじ関連の話題

日本ではありえない話だが、

ベトナムでは闇くじと呼ばれる宝くじが公然と行われている。

ベトナムマフィアが関わっているので、

シャレにならない話であるが庶民の娯楽の一部となっているのだ。

そんなベトナムの暗部と言ってもよいであろう現実が、

ある映画によって世界に発信された。

その映画のタイトルは「走れロム」であり、

ベトナムでもヒットを重ねている。

今回はその映画「走れロム」徹底解説したいと思う。

ベトナムの映画「走れロム」とは?

まずはどのようなあらすじであるかを明らかにし、

現地で上映禁止にされた理由などを説明していきたい。

あらすじをご紹介

主人公は孤児のロムである。

かれは宝くじの当選番号の予想屋として生計を立てていた。

生き別れの両親を探すための資金を稼ぐために行っているのだ。

そんなロムであるが、

地上げ屋から立ち退きを迫られ追い詰められた住民たちを助けるために立ち上がる。

闇くじを当てて一攫千金を得ようというのである。

資金を手に入れれば地上げ屋から地域の人々は守れるのだ。

果たして結果はいかに…。

ベトナムでは上映禁止!その理由とは?

ある意味ではベトナムの現実を描いた作品であり、

当然ベトナム国家としては看過できなかったのであろう。

実際に社会問題化している闇くじを描いているということもあり、

ついに罰金を課せられてしまったのだ。

一時期は配給の禁止まで取り沙汰されていたこともある。

しかし釜山国際映画祭にてニューカレンツ賞という最高賞を受賞。

世界各国で上映されるに至る。

ベトナムの闇くじの実体とは?

では、そもそもベトナムの闇くじとは一体どのようなものなのであろうか。

実は複雑なものではない。

下二桁の数字のみを当てるのだ。

しかも実際に発行されている宝くじの当選番号を利用しているので、

胴元の思惑が入り込む余地はない。

しかも賞金倍率は正規の宝くじよりも高いというのだ。

ただ、闇くじを仕切っているのはベトナムのマフィアである。

しかも彼らは当局と繋がっており、取り締まりを受けていない。

放置されており、闇くじが資金源となっているのだ。

日本にいるベトナム人も利用しているとされ、

根深い問題と言える。

日本でも宝くじには夢がある!当てたいならロトハンターを利用しよう!

ベトナムでは闇くじに夢を抱く人々が多い。

しかし違法なものであり、いつ取り締まりが行われるかわからない。

映画を上映禁止にするくらいだから、

当局とつるんでいるにしろいつかは対策が取られることになるだろう

日本には様々な宝くじがあり、

闇くじといったものは見当たらない。

そもそも裏社会の資金源となるものなので、

行われたとしても参加するのは愚の骨頂である。

ただ正規のくじも当たる確率が低いことは確かだ。

特に数千万円や数億円の当選金を得られるのは、

とんでもない低確率ということになる。

そこで活用したいのがロトハンターと呼ばれるロト予想サイトだ。

当サイトでは数々の検証を行ってきたが、

ロトハンターの当選確率はトップクラスと言える。

しかも1,000万円クラスの高額当選が続いているのだ。

まだロトハンターに登録していない人は損していると言える。

ロト・ナンバーズでの当選を希望しているのであれば押さえておくべきだろう。

コメント